​詩と共に、植物標本。
DSC_0385

DSC_0445

DSC_0400

DSC_0435

DSC_0439_edited

DSC_0431

DSC_0409

DSC_0413

DSC_0416

DSC_0425

DSC_0362

DSC_0325

DSC_0459_edited

DSC_0337

DSC_0338

DSC_0366

DSC_0364

DSC_0348

creema でも販売中。https://www.creema.jp/creator/191816

お好きな花でもお作りしますのでお問い合わせください。

あるひ

はるのかぜがふいたそのひ

あのはなのたねがおそらくとりのはらにあった

とりはきょうがなんのひかもしらず

またきにせず 

ただいつものようにあのタワーのたかさまで

いちわ あそぶようにとんでいた

たねはいつかどこかのつちにたどりつくだろうか

どうかアスファルトではなく

できればかわのちかく

あのこといっしょに

とけかけたアイスをたべたあのばしょに

ながれぼしのようなひこうきぐも

とりはとおくにたねをはこんでいった

​かどのとれたこおりが

くちにやさしい

とくべつなグラスはやわらかなむらさきいろ

ひとによっては それはくろだというかもしれない

あせかくひょうめんをゆびでさわる

せんめいにおぼえている

たびはいつもうつくしい

あつめたうつわをどうしようか

ぼくらのこらに いつかあげよう

せんねんたってももしかして

だれかのゆびがそれをなぞるか

グラスよどうか

なめらかにやさしく

そのひとのかわいたくちびるを

​うるおして

ひとつのかんじょうにとらわれてしまった

そとのせかいはなにひとつ かわらないのに

ただわたしだけが ちがった

いかりもかなしみも あまりにおなかがすくよ

わらいには むだなちからは ひつようないの

しらないだれかが 

わたしがそんなかんじょうに

しはいされていることもしらずに

はなしかけてくれた しんせつにしてくれた

わたしがもてあました そのかんじょうは

きげんをとりもどして

どこかさんぽにでかけていった

ようやくわたしはきづく 

わたしがわたしのてづなをにぎらなくてはと

せかいをかえるひとつのほうほう

だれにもせわをかけずに

なににもしはいされずに

​きげんのいいおとなになりたい

​しずかなよるに へやのすみ ひかるもの

きみがおさないころ あつめていた

きれいなビーズ ターコイズブルーがすきとおる

そういえば パワーストーンがすきなともだちに

そのちからがほんものなら どうして

それがとれるくにであらそいがたえないのか

といってきげんをそこねたことがあった

いしはただきれい それだけをりゆうに

こどもはたいせつに かんにおさめる

そのじゅんすいさ あついおちゃにとかしたら

きっとあまい いいかおりがするだろう

それをのめば まんびょうにきき 

たちまちおどる そしていしはいつのまにか

​どこかへいってしまった

 

がっこうへいくとちゅう あのいえのへいのたかさ

いつからあんなにひくくなったのか

すこしのだんさ すこしのあなに 

るーるをつくりながらあるいた 15ふんのみちのり

いまはもうきづかないようなちがい ちいさなせかい

しやをひろげたい なんておとなはいう

ほんとうにむずかしいことは 

こまやかなきらめくものにピントをあわせること

こうせいのうなレンズみたいに 

けんびきょうみたいに

ここにあるはなはきれい よくよくみてみたら

こんなかたちをしていたの うすくせんさいな

たいしょうてきにならんでいたり 

たがいちがいにくまれていたり

せかいはこんなにおおくのしゅるいを

ほっしていたのか

​わたしたちはこんなにおおくのなかまを

ほっしていたのか

はじめておとずれるほんや

おおきなとびら openのことばはないけれど

いまはえいぎょうちゅうのはずだと

おそるおそるはいれば 

てんしゅはなにもいわないから

どうやらはいってダメだというわけではないらしい

つぎのよていまで30分 こんなひでなければ

はんにちでもかけてきみへのほんをえらぶのに

でもこんなひだからこそえらべたのかもしれない

ほんをあげるのがすきになったのはいつから

ほんをもらうのもたいへんにうれしいこと

とくにそれがきみからなら ことばのほんでも

えのほんでも とびきりうつくしい おんども

あなたにあいたくてほんをひらく

ほんのなか わたしたちはまたであい 

かわし まじりあい バターのようにとけて

いつかきょうだいのようだといわれたけれど

ほんとうはふたり ひとりだったきさえする

​ほんであいましょう またあした

だれかがだれかのことをいう 

わたしはそれをしんじないようにする

わたしはわたしがみたもの かんじたものだけを

しんらいする そうしないと ふじゅんぶつが

わたしのからだにはいりこんで 

じぶんがわからなくなるから 

ああだこうだとたにんがいう 

それはたったひとつのそくめん 

わたしのたつばしょからは 

ちがうめんがみえている

​あれるなみ すいめんか じつはしずか

だれかがあなたをけなす 

わたしはあなたがすきだ 

わたしがあなたとけっこんしたりゆう

​かわらず たいせつに ここにあります

ひみつというわけでもないけれど

やすうりもしたくないので

きかれるまではいいません 

でもだれかにしつもんされたいような

そしてできればしずかなばしょで

ていねいにことばをえらんではなしたい

それはいつかかなえたいゆめでもあるから

わたしはとしおいることも しぬことさえ

こわくなくなった 

それはつよいあいのはなしです

いつかかならずくるそのひのために

あなたはわたしよりながいきをしなくては

​いけませんよ

こどもにもどったり しぜんのなかへ

そんなひがないと おとなだってくるしくなる

かたいじめんを かたいくつでふみつづけてたら

おもうようになるの はだしにくさのかんしょく

かぜ たいよう みずのおと 

けんぜんなくうふくがおいしさのひけつ 

なにかをむりやりどうにかするために 

たべるんじゃない ねむるんじゃない

さあやわらかなあのとちへ 

うちゅうのなかでは わたしたち

ただよう ただよう よりそってねむる

私は冷かな頭で新らしい事を口にするよりも、
熱した舌で平凡な説を述べる方が
生きていると信じています。
血の力で体が動くからです

​(夏目漱石・こころ)

わかくやわらかい 

としおいてかたい

​ひらいたみずみずしいはなびらは 

ひらいたままかれていくのに

わたしたちのおおくは 

とじてなにものもうけいれなくなっていくようだ

わたしと わたしのともよ

どうか うるおいをうしないつつあっても

こえにみみをかたむけるじゅうなんさを

あたらしきをみとめようではないか

あめのひがつづきます

つめたいかぜで このはがおちます

せっかくのはなも あめのおもさで うつむきます

あめがおとをきゅうしゅうして

とてもしずかです 

とおく えいせいテレビのじゅしんきに

とりがなかまと とまっています

タワーはひるまもチカチカとひかっています

あんなかんばんあったかなときづきました

あしたのよていをかくにんします

おっとはきょうはやすみをとりました

​いつもおいしいこーひーをありがとう

うえのこはようちえんにいきました

きょうはカレーパーティだそうです

ふゆのおわりと はるのはじまり 

くりかえしながらすすんでいます

このきせつにもうすぐ わかれがやってきますが

こどもたちはすぐににちじょうをとりもどして

わすれるのです 

あめのひがつづきます

かんどのたかいアンテナは

むぼうびなこころをまもってはくれないけれど

チューニングならしんぱいはいらない

いっしゅんのことさ 

はなれたきみの なみだがおちるおとさえ

はなれたあのこの だれかとだきあい

ふくがこすれるおとさえ

かなしいことがあっても きずついても

どうかぜつぼうしないで

うれしいこともあったでしょう

やさしいひともいたでしょう

それらのちからのほうがずっとつよいことを

しょうめいするために 

じぶんで、したことは、そのように、

はっきり言わなければ、
かくめいも何も、おこなわれません。
じぶんで、そうしても、

他のおこないをしたく思って、
にんげんは、こうしなければならぬ、

などとおっしゃっているうちは、
にんげんの底からの革命が、

いつまでも、できないのです 

​(太宰治・ロマネスク)

かなしみはちからに、
欲りはいつくしみに、
いかりは智慧にみちびかるべし 

​(宮沢賢治・書簡)

みんながめいめい自分の神様が

ほんたうの神さまだといふだろう。
けれどもお互い

ほかの神さまを信ずる人たちのしたことでも
涙がこぼれるだろう。
それから僕たちの心が

いいとかわるいとか議論するだろう。
そして勝負がつかないだろう。

けれどもしおまへがほんたうの考と

うその考とを分けてしまえば
その実験の方法さえきまれば
もう信仰も科学と同じやうになる 

​(宮沢賢治・春と修羅)

世の中に実に美しいものが沢山あることを思うと

自分は死ねなかった。
だから君も死ぬには美しすぎるものが、

人生には多々あることを発見するようにしなさい。

​(ヘッセ・デミアン)

DSC_0338